HOME > 診療案内 > 禁煙外来

禁煙外来

当院にて健康保険を使って禁煙治療が出来るようになりました。

病院で禁煙治療(ニコチン依存症管理)を行うためには、医療機関の敷地内が禁煙、呼気一酸化炭素濃度測定器を備える等の条件を満たすことが必要です。

禁煙治療についてLinkIcon

また、患者さん側は健康保険を使えるためには以下のすべての要件を満たす必要があります。

  1. ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断(5点以上)
  2. ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数 X 喫煙年数)が200以上
  3. 直ちに禁煙する事を希望し、禁煙治療について説明を受け、治療を受けることを文書により同意すること。
妊娠中は禁煙治療が出来ませんので妊娠を考えている方、あるいは妊娠中の奥様の御主人で禁煙を考えている方はぜひ相談に来られて下さい。